ヤマガタンver9 > コラーゲンについて

Powered by samidare

▼コラーゲンについて

 以前、コラーゲンについて、新田ゼラチン蠅離札潺福爾鮗講したので報告します。

 コラーゲンとは、人体の構成比からすると6%にあたり、骨や軟骨が10〜20%なので、相当な量と言える。3重らせん構造をしており、アミノ酸の塊である。ゼラチンは熱でほどいたものであり、コラーゲンペプチドは酵素で短く切ったものである。

 コラーゲンの機能として、肌への機能(ヒト)は、コラーゲンペプチド5g/日8週間で水分量7%アップする。隠れシミへの機能(ヒト)は、コラーゲンペプチド5g/日4週間で24%メラニン排出する。髪への機能(ヒト)は、コラーゲンペプチド5g/日で髪の毛の太さ2μm増し、抜け毛も減る。関節への機能(ヒト)は、軟骨細胞に働きかけ、老化を防ぐ。骨への機能(ヒト)は、コラーゲンペプチド5g/日で骨密度アップする。骨の代謝(破骨細胞と骨芽細胞)、骨の代謝を調整するペプチドである。

 コラーゲンの効果として、筋肉への効果(ヒト)は、コラーゲンペプチド5g/日で筋肉率4%増加、運動と共に効果大である。血圧の減少(ヒト)は、コラーゲンペプチド12g/日で実現する。血管の若返り(ヒト)は、コラーゲンペプチド2.5g/日でマイナス5歳にする。すなわち、血管をやわらかく→血流を良く→血圧上昇抑制、疲れにくい朝の目覚めに繋がる。糖尿病への効果(ヒト)は、コラーゲンペプチド10g/日で空腹時血糖値の減少する。床ずれへの効果(ヒト)は、コラーゲンペプチド10g/日で大きく改善される。脳の若返り効果(ヒト)は、コラーゲンペプチド5g/日で脳の効率向上する。コラーゲンペプチド5〜10g/日を毎日続けることである。

 コラーゲンの素晴らしさに改めて気付かされた。しばらく中断していたが、また続けてみようと思った。


2020/08/10 17:36 (C) 製造業で働く
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る