ヤマガタンver9 > エノヒヒ追っかけてオタマジャクシ親分喰った

Powered by samidare

▼エノヒヒ追っかけてオタマジャクシ親分喰った

エノヒヒ追っかけてオタマジャクシ親分喰った/

 

 

 

本日は雨が激しく降っております

昨夜は凄い風で

俺んちの脇にあるご近所のナイロンハウスのナイロンが剥がれかけ

ビヒャバタと凄い音を立てていた

 

お外のお遊びは出来ないので

家でのんびりしております

 

かんじきをなおしたり、確定申告の伝票整理したり

お家の中でのいちにちになるはずの本日で御座います

 

 

 

 

 

昨日は・・・・

ブロ友の山形県の海の方に住む「道産子」さんが

でっかい魚を届けてくれると言うので

有難い事であるなぁ〜〜ほんと恐縮するわ〜

なんて思っておりました

 

宅急便が届けてくれるのかと思っていたら・・・

 

なんと、ご本人様が!!!!

 

でっかい魚を持ってやって来たではありませんか

 

 

昨年秋頃

我が家を訪ねて頂いた時には、家には誰も居らず

あえないままでした

 

今回、初めてお会いできました

 

まあ、午後からお米関係の会議があったので

お喋りの時間は限られてしまったのですが

初めてあったという感じもなく

いきなり色んなお話が出来、あっという間に時間が経過してしまいました

 

いつか、ブログ仲間で集まって

お酒や料理を囲み

学生時代の頃の様に夜が明けるのも気付かないような

そんな集まりを持ってみたいですね

 

 

道産子さんが持ってきてくれたのは

オタマジャクシのデッカイ親分みたいな姿の魚

 

イメージ 1

 

でっかくて重くてグニャグニャしてますね〜(笑)

 

まあ、とにかくこのままじゃ冷蔵庫にも胃袋にも入らないので

四苦八苦してちょん切ります

 

ちょん切った身は骨ごとシモフリと言う作業の後

全部鍋に突っ込みました

 

臓物も、胆のうを外して、きれいに水洗いし

今回は全部鍋にぶち込みました

 

イメージ 2

 

肝臓と白子は鍋が煮えてから〜〜〜〜

 

灰汁を掬いながら〜〜でっかい鍋なので煮えるのに時間がかかる〜〜

 

イメージ 3

 

うっしっし

 

でっかいオタマジャクシ親分魚汁の完成!!

 

驚く事に

あれほどデッカイ魚なのに

4人の家族で半分以上一晩で喰ってしまった

 

いや〜〜美味しかったですよ〜〜

 

道産子さんありがとうございました

 

 

 


 

道産子さんと別れた後

役場で行われたお米関係の集まりが終わり

午後3時半・・・・

 

割とあったかい陽気で

明日は雨と言う訳で外歩きは出来ない

 

時間は半端だけど・・・

山の方に行ってみようかなぁ〜〜〜

と思うと、バカなのですぐに行動に出てしまいます

 

前日、遠いところの射撃場で

ライフルテッポーの弾を全部使っちゃったので

テッポーの弾がありません・・・・・

 

あ〜〜そう言えば散弾テッポーも持ってたんだ

弾もあるなぁ〜〜〜

 

などと、ボケたような脳みそで思い出し

ライフルテッポーに比べや半分の目方もない散弾テッポーを持ちだしました

 

 

そんでもって

ブドー園の方にフラフラとじっとしてられない病のワタクシは歩むのでした

 

歩き始めて間もなく・・・・

 

 

!!

 

 

30歩も歩かないうちです

 

なんだかエノヒッヒみたいな足跡があるじゃありませんか

 

雪の上にず〜っと続いてます

 

イメージ 4

 

ありゃまぁ〜〜エノヒッヒじゃあ〜りませんか

それもフレッシュな足跡ですね〜

 

皮肉にも、町内のエノヒッヒは駆除のおかげで殲滅した

などと言うお話が公の場で発表されて間もない時期ですが

 

エノヒッヒなんぞなんぼでもいます

 

それも、先日追いかけた奴とは別のエノヒッヒ

おまけに今回これは2匹分の足跡です

 

イメージ 5

 

ほらね

 

同じ方向に向かって歩いた新鮮な足跡

一つはでっかくて汚い足跡で、もう一個はちっちゃくて小さい足跡

誰が見たって2匹って分かりますがな

 

で・・・・

 

ワタクシはノコノコとこの足跡を辿って歩き出したわけですね

 

イメージ 6

こんな感じのオレのブドウ園の近くをアッチコッチ歩いてます

 

とても新鮮な足跡なので近くに居るかもしれないなぁ〜

なんて思いながら足跡を辿っていきます

 

イメージ 7

 

ウロウロ動き回ってオレのブドウ園に最接近した辺りで

なんだか足跡の歩調が変わりました

トコトコ歩きから速足に変わりましたね〜〜〜

ん〜〜〜???

 

と・・・・300m程離れた牧草地と森の境界辺りに目をやると・・・

 

!!

 

エノヒッヒが2匹一列に並んで歩いてるじゃないですか〜〜〜〜

 

ライフルテッポーなら余裕で撃っちゃえる距離ですが

散弾テッポー担いでるワタクシの手の届く距離は・・・・

遠くて運良くて100m

普通には50m

 

しかし思いましたね

 

こりゃ追いついて捕まえられるかもしれん

オレに気付いてない感じだし〜〜〜

雪がドボドボぬかるのは奴もオレも同じだし〜〜〜〜

地形は庭の様に分かり切ってるし〜〜〜

アハハ・・・余裕余裕

でも、一応シロアキとこの先の山行ってるオーキさんに電話デンワ〜〜

 

 

エノヒッヒが林に入ってく所の足跡

イメージ 8

 

ここから森と言うか林で

松と雑木の混成林

下藪は雪の下だし、杉林じゃないので見通しは割と良いのである

それに小さな沢があちこちあるから

上手くすればそんな沢の中でお食事してるかも〜〜

 

一応まっすぐ進んでもその先には人を立たせてあるし〜〜

 

新鮮なエノヒッヒの鮮明な足跡写真

イメージ 9

 

カモシカやニホンシカと全然違います

ついでに、牛のウンチをかき混ぜたので

牛のウンチもあちこちにポタポタと・・・

 

イメージ 10

 

雪の上にも鮮明にエノヒッヒ筆で描いた

牛うんち墨の一筆書きが〜〜

 

しかし、ちっちゃい沢をどんどん超えて行っちゃいますね

どこでも一休みしてませんね〜〜〜

 

トコトコどんどん先に歩いて行ってますね〜〜

イメージ 11

 

このまま行くと

人里や道路から最も離れた中間点みたいなところに到達しますが

以前のブログにも書いたウサギ手掴みした場所に出ます

 

そこは動物の足跡の交錯場所で

行動を読むのに重要な場所です

そこを通れば、おおよそその先の行動は読める・・・筈です

 

イメージ 12

 

そして、まさしくウサビッチを捕まえたその場所を通っています

 

こりゃ、オーキさんの方に行くな

オーキさんのいるところのコンクリートの橋の脇を通るぞ!!

 

まあ、一応電話で連絡しておきます

 

小さな南斜面の登りです

 

エノヒッヒも苦労してますなぁ〜〜

 

イメージ 13

 

ドボドボぬかり直登出来ないので

ジグザクに傾斜を登っています

 

オレはその傾斜を、時間を稼ぐために根性で直登!!

 

イメージ 14

 

ジグザクの足跡の中央を直線突破です

 

もう、汗が吹き出しボタボタ流れ落ちます

呼吸も全力疾走したみたいになります

 

ほぼケダモノに近いニンゲン離れした歩きです

少しはケダモノに近づく筈だと信じて頑張ります

 

ここを超えりゃ、だいたいあのコースであそこだな

 

そんな事を考えながら足跡を追跡します

 

林の向こうにエノヒッヒが見えやしないか

と、常に林の奥の方、前後左右に注意してますが

まあ見えませんね〜〜〜

 

イメージ 15

そして、このコース中で最も高い尾根を登り切り

順当なら尾根を越え下るコースなのですが・・・・・・

 

ここに来て歩幅が変わり

尾根を下らず、尾根の上を山の峰に向かって歩いてます

 

ん???

 

何だこりゃ???

 

今までオレが知ってるコースじゃねえぞ???

 

オーキさん、もしかするとそっち行かねかも

シロアキ〜〜オーキさんの方から戻って

キヨシさんちの小屋の奥、山崩れの道路標識のある所から

山に入って、杉林と雑木の境目辺りを通りそうだから

そこに急行せよ〜〜〜

 

なんて、二人に電話連絡です

 

足跡にも変化ですね

 

2頭がまるで1頭しか歩かなかったような足跡ですが

 

イメージ 16

 

これ、先頭のデッカイ汚いエノヒッヒが後ろを振り返り確認してます

歩幅も若干広がり速足ですが走る程じゃありません

 

オレの存在、追跡に気づいてますね

 

イメージ 17

 

いや〜〜しかし奴ら登る登る

追いかけるワタクシは汗がポタポタですわ〜〜

 

そして、でっかい山の4〜5合目くらいの所・・・

やっぱり来た方角の方に戻ってます

 

オレが歩いてきたところから見えないくらいの高い位置を逆戻り

 

ん〜〜

 

まあ、しんどいけど追うしかない

シロアキに出した指示はほぼ完ぺきなはず

後は、エノヒッヒが通り抜ける前にそこにたどり着けるかだけです

 

でも、山の上の方を歩いてると

すそ野を歩いてくるシロアキよりずっと距離を歩かずして

指示した場所に到達できます

そこに到達するまでの奴らの尾根の登り下りで時間をどれくらいかけているかが

この猟を成功させられるか否か

つまりは、シロアキがエノヒッヒより早く指示した場所に到達できるかです

 

イメージ 18

 

何もなければ1頭分の足跡しか残さないのですが

追跡を知り、少し疲れながらも頑張って逃げている

そんな感じの足跡です

 

兎に角南斜面はズボズボぬかりで

酷く歩くのが大変です

 

ワタクシも時々写真でも撮りながら

お水を補給しながら歩かんと、足が攣ってしまいます

 

イメージ 19

↑この写真で見えなのですが、もうちょっとで見えそうという奥の方を

右に向かい進み、途中から折り返してただ今左進行中

 

ヌカル雪の傾斜面をトラバースなのでかなりしんどい

小尾根を3個越え3個目を越えた先の沢にシロアキが来ているはずです

 

その3個目の尾根に到達した時シロアキから連絡が

 

kuma仙人さん〜〜たった今と追ったばっかりの足跡が〜

間に合わなかった〜〜〜

ここ降りて、先回りしてみる〜〜

 

連絡を受け

足跡の追跡から離れ、シロアキに指示出した場所に直行すると

まさしくその場所にエノヒッヒ御一行様の足跡が!!

 

イメージ 20

 

シロアキが現場に到着し、オレがその場所に行くまで5分くらいです

 

つまり、オレとエノヒッヒの差は5分以上ですが

10分と離れていないようですね

 

先回りしたシロアキに追いつきました

 

イメージ 21

 

山から下り、これもまた動物の交差点みたいなところに向かった足跡を

ボーゼンと眺めています

 

あ〜〜一足遅かったなぁ〜〜

 

奴ら早いなぁ〜〜

 

こいつら、あそこをこう通ってああやってあっちに向かってる筈だ

 

ほぼ、オレの読みは的中しています

 

一応、出先、向かった方向の確認だけのために

ちょっと遠回りして帰る事にしました

 

イメージ 22

 

思った通りの場所

想像した場所の全くその上を通過しています

 

 

ん〜〜

 

歩く先の読みは完璧だが

時間的な予測が難しいなぁ〜〜〜

こりゃ、行ったと思ったら、相当先に人を当てないと

ちっと捕まえるの難しいなぁ〜〜

 

でも、だんだんわかって来たよなぁ〜

ほぼ完ぺきじゃん〜〜

 

なんて話ながらヨロヨロ帰路を歩む二人なのでした

 

 

今回の追跡経路です

 

イメージ 23

 

そして以下は、予測の根拠とした過去に歩いたGPS経路です

 

(2018年1月18日)

イメージ 24

 

 

(2017年12月23日)

イメージ 25

 

この3枚の経路を重ねてみましょう

 

イメージ 26

 

赤線がオレのGPS経路です

緑と青の線はエノヒッヒの歩いた経路です

 

赤丸がありますが、そこら辺が動物の足跡などが重なる場所

つまり動物交差点ですね

 

これまでの私の猟の経験から

こういった動物交差点は山の中あっちこっちに存在し

私の猟の重要な要素となっています

 

つまり、そんな場所を知る事が

猟の成果に大きく影響しますね

 

まあ、私は直感やそれ以外の事も大事なのですが

過去からの積み重ね、根拠なども

とても大事だと思ってます

 

こういう事は、猟の経験年数に関係なく

如何に多く山に足跡を残したか

それを忘れず自分の中に留め的確な情報処理が出来るのか

そう言う事ですね

 

 

ワタシャ、獲物が獲れなくても

山歩いてるのが楽しいです

 

だって

 

行くだけ私には知識と経験と体力と

そして、歩いたという足跡が残る訳ですから

 

 

 

 

私の猟のスタイル

知りたきゃ一緒に山行きましょう

 

 

kuma仙人塾でもやりましょうかね〜〜(笑)

 

 

 

 

アッハッハァ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ 1

https://outdoor.blogmura.com/hunting/img/hunting88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ(文字をクリック)

 

https://flower.blogmura.com/nouen/img/nouen88_31.gif
にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ(文字をクリック)

 

https://lifestyle.blogmura.com/countrylife/img/countrylife125_41_z_budou.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ(文字をクリック)


▼100advertising

Hanagasa君
山形日和。ぱすぽーと 2018

山形県の観光情報ポータルサイト

やまがたの観光情報が満載!
観光スポットやイベントなど充実

yamagatakanko.com

山形日和。ぱすぽーと 2018

きてけろスタンプラリーに参加して
山形県の豪華賞品をGETしよう!

yamagatabiyori-passport.com

健康枕・健康ふとんの快眠ギフト

肩こりや腰痛でお困りの理由は
枕やマットレスが原因かも・・?

marushime.jp
100円広告

▼ranking

(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る