ヤマガタンver9 > 彫刻師 熊太郎の足跡

Powered by samidare

▼彫刻師 熊太郎の足跡

彫刻師 熊太郎の足跡/
中大塚熊野神社の総代に案内され西大塚の金子熊太郎家に訪れた。

さっそく座敷に置かれていた幅90cm程の熊太郎作の見事な龍の彫り物を拝見する。




神社に納める筈だったが、何か気に入らぬ事があったらしく唯一自宅に残った作品である。

従弟の金子 豊夫が玉眼と彩色して仕上げている。






熊太郎の作の獅子頭の小品も残されていた。米沢の広幡一之宮神社の獅子頭を彷彿させる形だ。

越後系の様式で、白鷹西高玉の瑞龍院の彫り物も手掛けたとあり、同所稲荷神社の獅子頭の

作者の可能性も出て来た。



    




彫刻の型紙や材料の仕入れの資料も残されていた。







白龍の作の掛け軸を見せて戴いた。

その箱の中にくすんだ灰色の内箱が入っていて、いずれにも記名があった。

外箱には熊太郎の息子二代目「茂」が熊太郎の希望によって「金子 豊」が制作したものとある。




内箱には 明治の中期に名匠の誉れ高き先祖貞則(32才で熊太郎と改名)

白龍と親交あり面接の折りに揮毫(きごう 文字や書画を書く事 )をうけし逸品なり 

二代目茂が改装す・・。

先祖貞則 小白川荒尾源地内(天狗山あたり)より掘り出せる神代杉なり・・・とある。

このくすんだ箱の色は確かに神代杉の味わいである。






この裏書きを説明する写真も発見した。記録には明治37年(1904)飯豊町小白川部落天狗山にて

神代杉を発見・・とある。写真は明治の物とは思えない程鮮明で、巨大な神代杉の木口を中心に

発掘の現場を生々しく写し出していた。





お話を伺った方の話では、この写真の中に熊太郎が写っているという。しかし、体格の良い方だった

という話で誰が43才の熊太郎かは不明だ・・・。

今回の取材で彫刻師熊太郎の足跡がようやく現れて来た。

これを元に各地に残された作品を取材したい。
2017/10/04 07:36 (C) 獅子宿燻亭6

▼100advertising

Hanagasa君
やまがたへの旅・山形県観光情報

すやすや宇宙マット販売セール中

シーツの下に敷くだけで快眠率UP
宇宙技術応用のオールシーズン対応

cosmic-reform.jp

健康枕・健康ふとんの快眠ギフト

肩こりや腰痛でお困りの理由は
枕やマットレスが原因かも・・?

marushime.jp

山形県の観光情報ポータルサイト

やまがたの観光情報が満載!
観光スポットやイベントなど充実

yamagatakanko.com
100円広告

▼ranking

(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る