ヤマガタンver9 > 変わりゆく学生の特徴とキャリア支援のポイント

Powered by samidare

▼変わりゆく学生の特徴とキャリア支援のポイント

 現代学生気質の詳細な分析結果説明と、若者(学生)へのキャリア開発の必要性と方法について、菊池信一氏(日本工業大学教授・キャリア講座担当)の講演を受講したので、その内容を報告する。

 今どきの大学生気質分析について、次の8つの特徴が各大学生に存在している。)榲は寂しくて仕方ない「ふれあい願望」と、他者との接触を面倒に思う「独り願望」とが共存している。メールは情報収集ではなく、連帯感・一体感を求める手段となっている。動物占いや星占いに見られる「占い願望」がある。これは各種診断テストを受けたがる傾向に表れる。Dシャン・抗菌などに見られる「クリーン願望」は、キャッチフレーズなど簡潔・清潔な言葉を好むことに表れている。また、企業選択においては環境重視の側面が大きくなっている。そ侏茲襪世嘘擇鬚靴得功を得たいと言う「手抜き願望」がある。OB・OG訪問などの面倒なことはやりたがらず、面接を怖がり、面接に嫌悪感を持っている。タ潅呂茲ぢ慮海世韻鬚靴燭い噺世Α峅体験願望」がある。先人が成功した方法を安易に欲しがる「マニュアル願望」があり、カッコ悪い失敗はしたくない。Э匿箸蔑場で叱ってくれる人を欲しがる「叱られて願望」がある。┝分の置かれている立場を把握したいと言う序列・目安願望があり、企業偏差値など各就職ナビの方向性と一致している。全体を通しては「漠然願望」があり、アイマイ語を多用する傾向がある。「突出すること、目立つこと」は、他者から非難される対象にもなり、恐れを抱いている。これは、イジメ問題の本質にも繋がっている。

 今どきの大学生のウィークポイントは、次の10項目である。ヽ慘呂世韻納ら格差を認めて、18歳の春の段階で自己規定してしまう。憧れ意識と現実とのギャップを認めず、現実逃避傾向が強い。B膤愡代の感動・経験不足。ぞ人数グループの中では元気だが、集団適応能力が欠如しており、会話力の不足が如実に表れる。セ件の存在は知っているが、何故それが起きたのか、時事問題に無関心である。国語力の低下現象が著しい。EQ度が相対的に低下し、ルールとマナーの違いを認識していない。入学後、就職活動時、内定時、入社後、いたるところで燃え尽き症候群が見られる。恥をかく、失敗する、挫折することに嫌悪感を持っている。失敗・挫折を人のせいにして、悪いのは自分でなく他者だとする。

 キャリア支援のポイントとして、次の5つが挙げられる。.ャリアデザインとは、職業を通じたライフデザインであること。▲ャリアデザインは、成功のための方程式と位置づけるよりも、数多く存在する中の一つと捉えること。3匿佑凌誉犬涼罎任蓮⊆最圈挫折が当たり前であり、その失敗・挫折を乗り越えるためにどうしたら良いかを考えること。ぜ匆颪砲ける成功者だけをゲスト講義に呼ぶようでは現実社会の実相を捉えていないこと。ズ迷、激動の日本社会で何より必要なことは、総合的な個々人の「人間学」を身に付けることである。

 キャリア開発の授業の目的は、究極では自律・自立を促すことにある。そこでは、双方向性や書く・話す・読む・見る・聞くトレーニングを徹底して行っている。

 若年者に留まらず、現代の社会人に共通する問題と思われ部分もあり、若年者の就職支援活動に参考となる点が多い講演と感じられた。

2008/12/03 10:15 (C) 製造業で働く
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る